読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シューズの「買い替え」ならこのお店 | レノベイティングクリームが「4つ星」の納得価格です フランスサフィールが期間限定並みの「納得」価格~!

また!こちらのイエローに他を足してカラーを調合も可能ですが!なかなか素人には色物は難しいと感じました。見た目がダメでも、履き心地が良いので、なんとかリペアできないかとネットで検索しこちらの商品を購入。パテではないので深い傷を埋めることは出来ませんが!サンドペーパーで無理しない程度に均してから塗ればかなり目立たなくなります。

1月21日 オススメ商品♪

2017年01月21日 ランキング上位商品↑

クリーム サフィール フランス レノベイティング シューズ《メール便可》着色補修クリーム(豊富なカラー)【SAPHIR サフィール】フランス製レノベイティング カラー補修クリーム 25ml靴 シューズ

詳しくはこちら
 b y 楽 天

とってもお勧めですね。ただし!それを見て選んでもかなり難しいです。愛用のレザーパンプス!もとはシルバーだったのが愛用しすぎで色は落ちキズも多数。靴に使っています。また!分かりやすい名前の色を選んでしまうのは危険です。少し赤みがあるウォールナットの場合はエルメスレッドが合います。仕上がりがマット(ツヤなし)になるので、最後に靴クリーム(缶入りのポリッシャーではなく、ビン入りのクリーム)でいつもの靴磨きどおり仕上げます。お気に入りすぎてヘビロテ使用したところ柔らかい革が擦れて所々黒っぽくなっていまいました。明るすぎず暗すぎずの茶色になったものの、ややむらが出た感じでやっぱりダメかと一晩置いて見た所、何となくきれいな感じでむらもあまり目立たなくなっており、これなら使えると嬉しくなりました。乾燥して割れ割れが馴染んでくれました。仕上げの靴クリームでぼやかすことを前提に!靴クリームに合わせて選ぶのもいいと思います。色は悩んだ末おそらくワントーン濃いと思われる「エッグシェル」にしました。ささくれているところはさすがに復活しませんでしたが、地肌が見えいかにもささくれているといったところが染まった感じで目立ちにくくなりました。また利用します。ブラウンが暗めに見えたので注文しましたが!届いてみると赤っぽい茶でダークブラウンにすれば良かったと後悔しました。使い方も簡単です。靴磨きをこまめにやらないと、補修する前より逆に不自然になります。このような色数豊富な補修用クリームは調べた限りではサフィールしか無く!モニター上での色はギャバジンが酷似していたので迷わず注文しました。仕上げに!デリケートクリームを使いました。バッグの補修。一部緑が多すぎて、恐竜色っぽくなっちゃったし。ショルダーをかけるため肩の部分など擦れて色落ちしている部分は見事に復活しました。ビニールシートを敷き、塗る面を決めたら、両手で、思いきって塗っていくと、上手くいきました。慌ててネット検索し!このクリームでリペアにチャレンジしてみました。キズ補修が終わった後、ラナパーで保湿。初めはキズのひどい部分から塗り、全体にしましたが、新品のようによみがえりました。手に着いたクリームは、石鹸で、簡単に落ちました。ソファーにピッタリでした。出来上がりは上々です。摩擦の多い箇所は補修効果も長続きはしませんでした。超細目サンドペーパーで下準備をすると美しく仕上がります。結果色はビックリするほどピッタリでした。1200円のクリーム1本で新品みたいになりました!長年履いてきた革靴の色落ちがひどかったので、良い補修クリームはないかと探していたところこの商品に行き着きました。新品同様によみがえりました!3色購入しましたので!他のバックも補修したいと思います。ローションを加えると伸びが良くなり塗りやすいです。これが!大正解。☆-1はブラウンの色が暗く見えたためですが、パソコンの環境等あるから仕方ありませんね。ローションも、伸びが良くなるのですが多すぎると色が薄くしかつかないみたいで。お店に持っていったら!補修代が1万近くかかるということだったので躊躇・・・。混色も難しかったです。この事から定着力は結構強めなのではと!逆に期待してしまいました。キズのある部分は!気持ち重ねて塗りこむ感じで。カリモクソファのリペアに利用しましたがばっちりでした。簡単にできて!乾かせばあっという間に完成できます。落ち着いたらもっかい重ね塗りして!もう少し色を濃くしたい。小豆大を皿にとり!同量のローションを加え!指で混ぜ!10〜20cm四方くらいを少しづつ塗りました。仕上がりは満足ですが!耐久性はまだ未知なので星は4にします。残念な事に手持ちのバッグのカラーよりも白っぽい色で合いませんでした。手荒れも、特になしです。かなりお世話になったので!もう駄目元でこちらの補修クリームを注文。買ったときの色に戻り、大満足です。どんな製品か試したい人はまず黒を購入されるといいと思います。【その後】1ヶ月くらいして靴全体が汚れてくると、塗布して補修した箇所が目立つようになりました。次に!新しいスポンジにカラーを適量とり!さっと軽く全体に広げる。器用な方は!これだけでも上手くムラなくぬれるのかもですが!部分的じゃなく広い面積をリペアしたい人で!慣れてない人には!ローションとメラミンスポンジは必須だと思います。なお!黒であってもコードバンの場合!革の輝度が高いため修理箇所が目立ってしまい!不向きでした。だめで元々!全体に塗ってしまいました。他に捨てようかと思っているコーチのバッグが1つ、使用中だが、色にむらが出てきたバッグがあるので注文しようかと思います。キズが付いているだけで元はシッカリしているので勿体なく思っていました。中間色だからか!混色するのむつかしい!褪色も一律でなく!部位によって色が違うので!合うように調節するのが大変でした。革の補修にとても良い商品でした。ダークブラウンはほとんど黒に近く、茶色の深みは出ませんでした。確かに臭いは気になりますが、時間がたてば消えるかな?噂では聞いていたものの初めての仕様でした。できたら、もう片方をまたローションから塗る→カラーの順で。中古なので仕方ないですが!かなり剥げていて使えない状態でした(説明文には染に出しても…的な事が書いてあったのですが!写真はきれいめな感じではげた部分もわずかに見えた)が!コーチなので皮はしっかりしています。凄く良いです。あと、広い面積をムラなく塗るのに、メラミンスポンジが良いと知り、使いましたがほんとムラなく綺麗に塗れた!わたしのやった方法は、まずメラミンスポンジにローションを大豆ほどの量をとり、靴全体に塗る。染に出すのは高くつくので何とかならないかと探してこの商品に辿り着きました。カーキと混ぜ合わせる等して色合わせを完璧にし、再チャレンジしてみます。でも!だいぶきれいに戻りました!多少のむらも!味と思いたい。東急ハンズの売場には革に塗った全色の色見本が置いてあります。ダークグリーンとカーキとローションを購入し、混ぜて塗り込んで。10分で乾くので、その後乾拭きします。(^ー^)ホワイトと、ヴァイオリンを混ぜて使いました。いずれにしてもなんで早くこれを知らなかったのか!と思えるほどの感激でした。色を選ばないブラックだった事もあるかもしれませんが靴に仕様したところ一度塗りでほぼ目立たなくなりました。サフィールのレノマットリムーバーで落ちるとの事でしたが、持っていなかったので、モゥブレィのステインリムーバーである程度の力を入れて、こすってみましたが、ウェスにはほとんど落ちていませんでした。その後カバンにも仕様しましたが塗り重ねて磨くごとに艶も出て満足です。目立たない部分でレザーローションで薄めずに塗りこんでみたところ、モニター上での色より、かなり薄めの色となりました。元々のカラーが豊富な上に、水彩絵の具と同じように、色を混ぜて使うことができるので、市販されているカラー以外の色でも補修することができます。焦げ茶を作る場合は、茶色をベースにして、黒を爪楊枝みたいなもので少しずつ加え、ローションも加えればうまく伸びてきれいにできますよ。オーストラリアで購入したオフホワイトのベビーラムジャケット。コーチのバッグが傷つき色落ちもひどく使用できない状況でした。表面がしっとりする程度、塗り過ぎないようスポンジでさっと軽く全体に広げる感じで。あくまで私の経験上の意見ですが!ブラウンは安っぽい色でした。色がいろいろと置いてあり、こちらでイエローの在庫がありお願いをいたしました。染色・着色するというよりも、車のスリ傷補修剤のように凹凸をコーティングするという感じ。この製品でブラウン系が何種類も発売されていることが、色合わせの難しさを物語っています。黒は簡単で!効果が一番分かります。私の使っている靴は、ちょっと変わったブラウン系統の色だったので、少し黒を混ぜて使いました。私は、靴全体を塗りたかったので、調べるとこれ単独だとムラになりやすいとのことで、同メーカーのレザーローションも同時購入。カーキを一本使い切ってしまったので(ジャケット一枚でぴったり使い切る感じでした)、もう一本追加購入します。古いスムースレザーのレッドウィング、トゥ部分の色剥げ部分に使用予定。ブラウン系は色の選択が極めて難しいです。本当は5つ位です。 購入して良かったです。ご参考までに、英仏ブランドのトラッドなビジネスシューズに多い「ウォールナット」という色には、タバコブラウンかミディアムタバコブラウンが合います。キャメルのようなピーナツバターのような‥‥表現は難しいのですが、確実にモニター上の色よりは薄めでした。。補修後1ヶ月ほど経ちますが、色落ちもせず、靴下が汚れることもありません。他の色も欲しいのですが色の調合など難しそうなので検討中です。臭いも!屋外で作業したのでさほど気になりませんでした。プロにお任せすると2万円くらいかかるらしい…。とてもきれいに仕上がり、大満足です。まったく手入れせずに着まくっていたレザージャケット!気づいたら元はカーキだった物が薄茶色に褪色してました。また、合皮の鞄の四隅がやはり擦れて色落ちしていましたが、これも同様にして綺麗になりました。思ったより黒が勝つのでほんとに少しづつ加えるのがコツです。狭い範囲を少しずつ薄く何度か塗り重ねるほうが失敗は少なそうです。商品自体は補色が良く!色落ちもしないので…色が合えばとても良い商品です。(^ー^)30年来着ている革コートの袖口や裾が擦れてささくれていたり、ささくれまではいかなくとも色が剥げている部分の補修で黒色、茶色と、レザーローションを購入しました。そして少しづつ古布で全体に塗っていき、補修の必要な部分を重ね塗り。※革の表面がしっとりしてるうちに!カラーを塗った方がムラにならないので!靴の片方だけ先にやった方が良い。イエローでも多少ホワイトが入った感じで、真っ黄色ではありません。これは、一気につけるとムラになるので小豆大くらいを何回かにわけて塗りました。皮が剥がれた 部分だけに使う予定でしたが 、少しトーンが明るかったので、全面に塗りました。満足できる商品でした。お風呂で頭を洗ってもいいですね(笑)やっぱり自分の指が一番繊細に塗れますからね。強いて難を挙げるなら、色あわせが上手にできるかどうかですが、ふき取りクリームもありますし、乾いてからなら重ね塗りができるので修正可能です。さて!塗った方の指ですが!当然コーティングしたようにくっついていますが!石鹸やクレンザーで少し強めにこすれば綺麗に落ちますよ。かなり目立ってたキズも!遠目から見たら気にならない程度に。